« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »

2009年12月

東京水道労働組合三多摩地域協議会総会

東水労三多摩地協第18回定期総会へ社民党の代表として出席し、ご挨拶をさせていただきました!

東水労三多摩地協さんは社民党として、また高橋個人としても大変お世話になっている組合です。
毎回の選挙では候補者カーと一緒に回りながら、チラシ配布等を含めて中心的役割を担っていただいています。
今回の衆議院選挙でも、労選の中心を担っていただきました。私は三多摩地区の遊説責任者でしたので、労選との意思疎通を図りながら、一緒に運動を進めてきました。

東水労三多摩地協主催のバーベキュー大会に東交青梅班の大野班長さんに声をかけていただき参加とご挨拶をさせていただいたのですが、その後は組合員の皆さんとも交流を深めさせていただきました。

団結に 勝るもの無し 組合は

|

今週の訴え

1会期延長
臨時国会の閉会は本来11月30日でしたが、4日間の会期延長が決まりました。
野党は党首討論、鳩山献金問題の追及のため12日間程度の延長を求めましたが、主張を通すことが出来ず、審議拒否に出てきました。
この審議拒否は政権交代の影響が国会への対応に如実に現れたことを示しています。ただ、従来の野党の審議拒否に対する自民党の主張と相反するこの自民党の行為には、非常に疑問に感じます。

2日米地位協定の見直し
今回村山で起きた米軍の子供の事件で米側は、逮捕状が出されているのに、地位協定を盾に子供の身柄の引渡しに応じていません。
道路にワイヤーを張るといった子供の悪質な行為により、バイク女性が重症を負っている本件で、身柄の引渡しがされないという不当な状況は絶対に許されません!!問題のある地位協定を早期に改定し、日本国民の権利と安全を守るためにも、地位協定の早期改正を求める国民の声を高めていかなければなりません。

3事業仕分け
事業仕分けが終わり、1兆7千億円の無駄に対し、政治決着をつける段階に入りました。
この事業仕分けに対しては様々な方面から賛否の声が上がっています。
民主党議員が中心となった仕分人の仕分に対し、もう一度、国民が選んだ国会議員が、多面的に国民の声を吸い上げ、適正に政治決着をつけることが求められています。

4普天間基地問題
毎週申し上げていますが、三党合意に基づいた早期解決が求められます。

社民党の代表選が始まり、来年1月22日から23日には全国連合が開かれまます。来年も連立政権、国民生活の再建にとって重要な年になります。多くの人の声を、社民党又は高橋勝までお寄せください!

活動も 家族の支えで 頑張れる

|

青梅錬心舘忘年会

11月29日、私が後援会会長をしている剣道の錬心舘の忘年会を開催しました。
会には舘長、先生方、後援会の役員、保護者の方など役30名の参加がありました。
最初に舘長より、「今年は錬心舘にとって厳しい一年だったが、皆さんの理解や多くの強力で乗り切ることができた。錬心舘の剣道大会も今年は安部先生、萩野先生の追悼大会として行うことが出来た。来年についても大会を開催していき、大会財政の確立も図っていかなければならない。」とのお話がありました。
その後、参加した指導者の各先生より、1分間スピーチをしていただきました。
昇段審に受かった人、落ちた人、稽古に参加し切れなかった人等、自分の思いをお話いただき、乾杯して、懇親に入っていきました。
懇親の中ではやはり、剣道談議に花が咲き、保護者の皆さんは子供たちの稽古や試合の話で大いに盛り上がっていました。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後に後援会長の私から挨拶をさせていただきました。
来年の2月には後援会、錬心舘の総会もあるので、大会の成功に向けて今から準備をしていかなければならないとのお話をし、忘年会を閉めさせていただきました。

自らを 鍛えし稽古 剣の道

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »