« 2009年12月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年5月

普天間基地問題について

5月28日、普天間基地問題についての閣議決定がされました。
この内容は報道等で明らかなように国民、特に沖縄県民の期待を裏切る最悪の決定です!またこの決定は、連立政権結成時の三党合意を無視したものであり、許し難いものです。
閣議決定と同時に行われた福島党首の罷免について社民党は以下の抗議声明を出しています。

福島大臣の罷免に抗議する(声明)

30日から社民党では全国幹事長会議で連立からの離脱につ議論されることになっています。
私は、三党合意が守られず、党首の罷免された連立政権に残るという選択肢は、全ての党員が納得できるものではなく、取り得ないと考えています。

|

後援会総会開催

5月21日青梅市総合体育館にて高橋勝後援会総会を開催いたしました。

総会には、社民党、平和憲法を守る会の方にも出席していただき、ご挨拶をいただきました。
また、提案議事については本年度も全て承認されました。
高橋からの決意表明と最後に後援会活動の更なる充実を確認し無事終了いたしましたが、今年度の総会は、いよいよ来年に迫って来た市議会議員選挙の体制を作っていくため特に大切な総会となりました。

高橋からは、「3年前の選挙では高橋を支持してくださった1300人以上の人の思いを市政に届けられなかったことを大変悔しく思っている。来年はなんとしても皆さんの市政に対する思いを届けられるよう努力したい。また社民党が失ってしまった青梅市議会での議席をなんとしても回復したい。」と、決意表明をさせていただきました。

加えて、以下のお話もさせていただきました。
現在の政治情勢については、普天間基地の移転問題が大きな問題となっています。鳩山首相は三党合意に基づいてぶれることなく国外、最低でも県外に基地移転をすべきです!
憲法改悪の問題では5月18日に国民投票法が施行され、いつでも法的には憲法改悪の法案提出が出来るようになりました。これを阻止する戦いの強化も必要になっています。
核の問題とともに、地方の中でしっかりと平和問題に取り組んで行きたいと思っています。
青梅市の問題については、市民の健康、命を大切にする市政の強化、その為にも総合病院の充実が重要だと考えています。特に1次から3次の救急の問題、そして東棟、西棟の立替の課題を財政問題も含めて考えて行かなければなりません。
また環境問題も「青梅の森」問題を含めて多くの問題に付き議論していきたいと考えています。
「人と環境に優しい街」を作るため全力で頑張りたいと思っています。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年10月 »