« 2014年8月 | トップページ | 2015年4月 »

2014年9月

今週は青梅市議会一般質問と市政の課題について訴えました。

1、青梅市政については現在開催されている市議会定例会及び青梅市の現状と課題についてです。
 現在開催されている市議会定例会一般質問では15名の議員が通告をし市の課題等について質問をしました。質問の中で私も同感だと思う質問が2名の議員から出されました。タイトルは明年の市長選挙についてです。
 来年青梅市でも統一自冶体選挙が行われます。しかし本来市長選挙も統一で行われていましたが石川元市長が衆議員選挙へ立候補し市長を辞職したために市長選挙は11月と時期がずれています。この市長選挙を本来の統一に戻して市議会議員選挙と市長選挙を同時に行うべきである。同時に行えば財政的にも軽減になるし、投票率も上がるとの質問でした。 私もまったく同意権です。
 青梅市の課題については青梅市総合病院の建て替えと救急診療です。近い将来の立替問題についてです。すでに今年3月の市長の市政方針演説の中でもはっきりと、立替をするとの発言も有りました。
すでに、26年度中に基本構想が出来ることになっています。しかしこの立替についても過大は山積しています。特に立替の時期、そのための財政の課題はしっかりした方針もって望まなくてはなりません。東日本の震災復興・東京オリンピック等重なり現在の建設ブーム推定予算よりも、かなりの予算オーバーになると思われます。
そのため、より慎重に計画を立てて行く事が求められています。
また、現在の課題は救急診療です。今総合病院では1次から3次までの救急診療を行っていますが、本来急性期医療や高度医療を行っていきます。救急診療では重篤の患者さんを優先せざるを得ないために1次救急で来られた患者さんは1時間から2時間待たされてしまうと言う現実があります。このような状態を無くしていくための対応が求められています。
そのためには、総合病院の近隣1次・2次の対応が出来総合病院との連携もスムーズ取れるような診療所を設置することだと思います。 

|

自冶会防災訓練

今日自冶会第十市会の防災訓練が若草小学校で行われました。朝からの雨でしたので体育館で行いました。約300名の方が参加をしAED(心肺機能の再生)、毛布と竹を使用して担架での負傷者搬送訓練、119番での消防署との的確な連絡訓練、火災時の初期消火訓練等を行いました。
参加組織は、青梅消防署、青梅警察署、青梅市消防団、自冶会連合会第十市会の団体が参加をして行われました。これから災害が多くなる時期ですからこの訓練を通してしっかりと対応をしていければと思いました。

|

議会が4日から始まりました。

青梅市議会が4日より始まりました。4日5日8日は一般質問で15名の議員が当局に対して質問に立ちます。私もこの間は常に質問をしていましたが、現在は議会選出の監査委員の職で一般質問は青梅市議会の慣例でしない事としていますので残念ながら、一般質問の演壇には立つことが出来ません。
しかし、今回の質問通告で私が注目したのは、明年に行われる市長選挙をどうするのか、の質問通告が2人から有り4日の日に1人が質問に立ちました。現在、青梅市の市長選挙は統一自冶体選挙から離れていますので明年の統一自冶体選挙に併せるべきです、併せることにより<選挙経費の削減にもなるし、投票率も上がると言う事です。私もまったくそのとおりだと思います。市長の答えは当面任期まで全力で今の職を全うしていきたいとの答えでした。私は経費節減になり投票率も上がるとするなら市長選挙を、市議会議員選挙といっしょに行うことは良い事だと思います。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2015年4月 »