« 自冶会防災訓練 | トップページ | 社民党吉田党首が青梅に応援に! »

今週は青梅市議会一般質問と市政の課題について訴えました。

1、青梅市政については現在開催されている市議会定例会及び青梅市の現状と課題についてです。
 現在開催されている市議会定例会一般質問では15名の議員が通告をし市の課題等について質問をしました。質問の中で私も同感だと思う質問が2名の議員から出されました。タイトルは明年の市長選挙についてです。
 来年青梅市でも統一自冶体選挙が行われます。しかし本来市長選挙も統一で行われていましたが石川元市長が衆議員選挙へ立候補し市長を辞職したために市長選挙は11月と時期がずれています。この市長選挙を本来の統一に戻して市議会議員選挙と市長選挙を同時に行うべきである。同時に行えば財政的にも軽減になるし、投票率も上がるとの質問でした。 私もまったく同意権です。
 青梅市の課題については青梅市総合病院の建て替えと救急診療です。近い将来の立替問題についてです。すでに今年3月の市長の市政方針演説の中でもはっきりと、立替をするとの発言も有りました。
すでに、26年度中に基本構想が出来ることになっています。しかしこの立替についても過大は山積しています。特に立替の時期、そのための財政の課題はしっかりした方針もって望まなくてはなりません。東日本の震災復興・東京オリンピック等重なり現在の建設ブーム推定予算よりも、かなりの予算オーバーになると思われます。
そのため、より慎重に計画を立てて行く事が求められています。
また、現在の課題は救急診療です。今総合病院では1次から3次までの救急診療を行っていますが、本来急性期医療や高度医療を行っていきます。救急診療では重篤の患者さんを優先せざるを得ないために1次救急で来られた患者さんは1時間から2時間待たされてしまうと言う現実があります。このような状態を無くしていくための対応が求められています。
そのためには、総合病院の近隣1次・2次の対応が出来総合病院との連携もスムーズ取れるような診療所を設置することだと思います。 

|

« 自冶会防災訓練 | トップページ | 社民党吉田党首が青梅に応援に! »

今週の訴え」カテゴリの記事